INTERVIEW

社員インタビュー

ここで学び、
成長させてもらえる

プロダクトセンター 印刷製本オペレーター(広島本社)

宮川 貴裕

フォトパブリッシング事業部 プロダクトセンター
2014年入社

ここで学び、成長させてもらえる

プロダクトセンター 印刷製本オペレーター(広島本社)

宮川 貴裕

フォトパブリッシング事業部
プロダクトセンター
2014年入社

Q. 入社のキッカケは?

元々印刷業界に興味があった

父親が印刷の仕事をしていたので、元々印刷業界に興味は持っていました。姉が先にアスカネットに入社していて会社の存在は知っていたので、転職をする時、ハローワークに行ってアスカネットの求人が出ているかなと探したらタイミング良く求人が出ていたので、応募しました。

システム開発マネージャー1

Q. 仕事内容とやりがい

写真集という
かたちにすること

仕事内容は、コンシューマー向け写真集を製作する工程に携わっています。
別々に作られた本の表紙と本文を1冊の本になるよう仕上げるのが今の主な仕事です。特に精度を求められる製本作業は、誤魔化しがきかない繊細な作業なので技術と経験が必要になります。
そして、お客様が注文された大切な思い出の写真を、画像データから写真集というカタチに仕上げていく事に1番やりがいを感じています。また、他では触ることのできない海外製の最新印刷機を操作できるのも楽しいです。

Q. できるようになったことは?

積極的に
発言できるように

人前で喋るのが苦手だったのですが、週に1回程度の朝礼やミーティングを経て、喋ることが苦ではなくなりました。
仕事をする中で気づいたことがあれば積極的に発言できるようになったことにも繋がって、そのまま自分の提案が通ることもあります。

システム開発マネージャー2

Q. 前職はどんなことをしていましたか?

魚を捌いていました

前職はスーパーで魚を捌いていました。新卒で入ったのですが、土日休みと連休がないのがワークライフバランス的に難しくて、1年ほどで辞めてしまいました。大型連休が取れないとなかなか旅行へも行けずストレスでした。
今の休日は、小学生から大学生までずっとピッチャーを続けていたこともあり、たまに草野球をしています。あと、温泉が好きなので時々遊びに行ったり・・・そんな過ごし方です。

Q. 残業は?

月に30時間くらい

月に30時間くらいなので、だいたい平均18時半くらいに帰っています。
卒業アルバムの時期が繁忙期で、2月は特に忙しくなりますが、月42時間の上限は守るようにルールが決まっているためチームで協力して仕事を進めています。

システム開発マネージャー3

Q. 入社前後で会社や仕事のイメージが変わったか

臨機応変に
働ける印象に

最初に言ったように、身内が先にアスカネットに勤めていたのでなんとなく会社の雰囲気は聞いていました。
仕事の内容は、工場というイメージからもっとラインに沿った仕事で、厳しい世界なのかなと思っていましたが、入社してみると、休憩も自分の都合で前後させることができ、臨機応変に働けるという印象に変わりました。
休憩は、10:30に小休憩、12:00の昼休憩、あと14:30にもう一度小休憩があります。

Q. あなたにとってアスカネットとは

父のような存在

社会人として育ててくれた、父のような存在です。
社会人としての時間のほとんどをアスカネットで過ごしていますので、ここで本当に色々学び、成長させてもらえていると思っています。

仕事中の必須アイテム

仕事中の必須アイテムは?

ペンやカッターなどは制服のポケットに入れて常備しています。メモを書き込んだりする時に使うため、文房具類は必需品ですね。

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー
  4. 印刷製本オペレーター