HISTORY

沿革

会社概要
会社情報
経営理念
沿革
組織図
事業所・海外拠点
CSR活動
1982年 飛鳥写真工芸社設立
1983年 株式会社飛鳥写真館として法人化
1990年 デジタル事業部設置
1991年 全国ラボを通じて写真館の失敗救済CGを開始
1992年 画像の通信加工業務開始
1993年 端末の無人化に成功し、遺影写真の通信出力開始
1995年 7月 飛鳥写真館の事業部より独立し株式会社アスカネット設立
千葉市美浜区に関東支社を開設
1999年 4月 メモリアルビデオ・ブライダルビデオの通信業務開始
10月 本社を広島市東区に移転し、旧本社に企画開発室を設置
2000年 1月 個人向け写真集(マイブック)製作事業の企画開発を開始
9月 フォトパブリッシング事業の生産拠点として、大阪市北区に大阪支社を開設
12月 フォトパブリッシング事業の営業、マーケティング拠点として、東京都港区に東京支社を開設
オリジナル写真集製作「マイブック」サービス開始
2002年 3月 プロ写真館向け写真集製作専用ソフトウェア「プロフォトブックエディタ」を開発し、販売開始
2003年 7月 広島市安佐南区に社屋を取得し、プロダクトセンターを開設、大阪支社・企画開発室をプロダクトセンターに移転
10月 本社を広島市安佐南区に移転し、プロダクトセンターと統合 写真修正サービス(Retouch.jp)を開始
2004年 3月 「マイブックデラックス」サービス及び「マイブックミニモバイル」サービス開始
8月 「アートブック」サービス開始
2005年 4月 東証マザーズ上場
5月 東京支社を東京都港区(南青山)に移転し、ショールームを併設
6月 アメリカにおいてasukabookブランドのサービスを本格的に開始
8月 本社隣地に、新社屋完成
2006年 11月 「オートアルバム」サービス開始
12月 「マイブックエディタ3.0」をリリースし、マイブックサービスをリニューアル
「みてみてぶろぐ」サービス開始
2008年 4月 「フォトゲット」サービス開始
5月 「アトリエフォトブック」WEBサイトオープン
11月 広島市安佐南区に新社屋完成し、フューネラル事業部を移転
12月 「かんたんマイブック」サービス開始
2009年 3月 写真集製作専用ソフトウェア「アスカブックメーカー」を日米同時リリース
2010年 4月 パーソナルパブリッシングサービス事業において、「マイブックエディタ4.0」をリリース
2011年 1月 パーソナルパブリッシングサービス事業において、「アスカブックメーカー2」をリリース
2月 メモリアルデザインサービス事業において、「遺影バンク」サービス開始
3月 特許出願権等を取得し、空中結像技術の研究(エアリアルイメージング事業)を開始
2012年 9月 「Smart Press」サービス開始
10月 「マイブックエディタ for Mac」をリリース
2013年 7月 「AfterShutter(アフターシャッター)」販売開始
8月 「おまかせマイブック」サービス開始
10月 葬儀用遺影写真のデジタル加工を行う拠点として、滋賀県大津市にびわこオペレーションセンターを開設
スマートフォンアプリ「patapata(パタパタ)」をリリース
2014年 12月 選べるギフト「ギフトネットコム」サービス開始
2016年 2月 「MYBOOK LIFE」サービス開始
2017年 2月 ユニロボット株式会社と資本業務提携
6月 メモリアルデザインサービス事業において、「tsunagoo」サービス開始
2018年 1月 エアリアルイメージング事業ブランドを国内外ともに「ASKA3D」に統一
3月 株式会社VRCと資本業務提携
2019年 6月 本社隣地に新社屋(西館)完成
2020年 2月 AWL株式会社と資本業務提携
6月 エアリアルイメージング事業において、技術開発センター開設
10月 関東支社を千葉市中央区に移転し、千葉ベイサイドオペレーションセンターに名称変更
「オートアルバム」と「MYBOOK LIFE」を「マイブック」サービスに統合